Toshiba Solutions Sales Coporation
トップページ > ソリューション > プラットフォームソリューション > 次世代マルウェア対策ソフトウェア CylancePROTECT®

次世代マルウェア対策ソフトウェア CylancePROTECT®次世代マルウェア対策ソフトウェア CylancePROTECT®

AI技術の活用で未知の脅威にも対応
大規模な導入・運用実績に基づくサービスを併せて提供

特長

AIの活用で、既知・未知を意識することなくマルウェアを実行前に防御

従来のアンチウイルス製品
従来のアンチウイルス製品
検知率
検知方法 パターンファイルとの照合
検知範囲 既知パターンと一致すれば検知
定時スキャン 必要
CPUの消費
管理サーバ オンプレミスの設置が必要
CylancePROTECT
CylancePROTECT
検知率 99%以上を記録*
検知方法 AI(人工知能)による機械学習
検知範囲 「既知」「未知」問わず予測して検知
定時スキャン 不要
CPUの消費 1~3%
管理サーバ クラウドによる管理。運用管理コストを削減

*2018 NSS Labs Advanced Endpoint Protection Test結果より

仕組み

Cylance社では、専門家により選定された悪いファイル/良いファイル各5億個を人工知能システムINFINITYに機械学習させたデータモデルを生成します。このデータモデルを核にしたものが、CylancePROTECTのエンドポイントエージェントです。CylancePROTECTは、侵入したファイルに対して約700万点に及ぶ特徴点での高速解析が行われ、脅威度を判定します。 解析の結果、有害なファイルを検知した場合は、エンドポイントでの実行をブロックします。

導入・運用サポートサービスを提供

お客様に代わり
24H 対応
当社がお客様に代わり、24時間対応でCylancePROTECTの運用を行います。

設計・構築サービス

導入に先立ち事前に行っておくべき設計作業や、お客様の環境に適用した構築・展開を支援します。

チューニングサービス

お客様環境にCylancePROTECTを導入する際、ファイルをブロックしない「検知モード」で実環境のチェックを行います。検知されたファイルを分析し、マルウェアかどうかを判断します。この分析結果をお客様環境に反映し、業務への影響を最小化します。

運用サービス

当社がお客様に代わり、24時間対応でCylancePROTECTの運用を行います。
CylancePROTECTが検知した脅威に対して、当社のセキュリティ技術者が分析、お客様環境に反映し、お客様業務への影響を最小化します。また、マルウェア検知数など運用状況の簡易レポーティング(月1回)、および問い合せ対応を行います。

動作環境

対応OS Windows®
Windows® Server
Mac OS X
※対応OSの詳細は別途お問い合わせください。
メモリ 2GB以上
※実行時の使用メモリは一般的な運用で50MB程度です。
ハードディスク
空き容量
500MB以上
※隔離されたファイルの保存用容量が別途必要です。

留意事項

  • 他のアンチウイルス製品と併用する場合は、システム競合を回避する設定が必要になる場合があります。
  • 他のメモリ監視製品とCylancePROTECTのメモリ保護機能(Memory Protection)の併用はできません。

別ウィンドウの付いたリンクは別ウィンドウで開きます。

このページのトップへ
東芝ソリューション販売株式会社
Copyright © TOSHIBA SOLUTIONS SALES CORPORATION. All Rights Reserved.