人事・給与システム

多様な人事・給与業務の効率化を実現
人材管理の延長線上にある
企業力向上ソリューション

人的財産価値の向上が
企業を強くする

人材は、企業経営を推進するうえで、最も重要且つ基本的な資源と言われています。そのため、人材を企業の財産としてしっかり管理するために、人事制度や給与制度について、精度の高い運用が求められるようになってきました。
人事・給与の管理においては、業務内容の変更、従業員数の増減、法改正などに加え、最近では企業合併やM&Aによる人事制度の見直しも多くなり、柔軟な管理体制が不可欠になってきました。
また、職歴、資格情報など様々な履歴情報を一元管理し、適正な人事配置や人材開発を行うことも人事部門の大切な役割であり、企業力強化に直結すると言われています。

参考データ)HR総研調査レポートより
改修・追加開発・新規導入を計画している人事系システムや機能

人事・給与管理から人材育成・評価までをカバーする
人事・給与ソリューション

中堅から大規模企業向けシステムとして、人事関連の基本情報を管理

お客様の業種や業態に合わせた人事情報の管理・運用ができます。社員個人の各種情報、組織・発令関連、異動シミュレーション、教育や評価実績といった幅広い人事基本情報を管理します。
また、就業管理システムや財務会計システムとも連携し、人事・給与業務の効率化を実現します。

人事情報管理画面
人事情報管理画面

M&Aなど、会社の大規模な業務・組織変更にも対応

人事情報は事業統合、新規事業部の設置、M&Aなどが行われるたびに変更を余儀なくされます。この「人事・給与システム」は、様々な法定管理や給与計算に対応する様式が多数用意されており、M&Aなどが実施された場合の人事情報の変更管理をスムーズに行うことができます。

給与計算様式画面
給与計算様式画面

通常の給与計算以外にも幅広い用途の計算が可能

給与計算は、月例給与や賞与はもちろん、社会保険の算定や年末調整、地方税の計算も可能です。さらに、派遣社員などに設定されている原価と就業実績から人件費を計算し、月単位での利益計算も簡単にできます。また、退職金についても退職時決定方式、ポイント累積方式、キャッシュバランス方式の3方式で計算できます。

左:年末調整画面 右:月例給与画面
左:年末調整画面 右:月例給与画面

「人事・給与システム」の導入は、様々な利点をもたらします

人事部門の業務を大幅に効率化し、これまでの負担を軽減

人事部門は、社員の個人情報管理や所属管理、採用、異動、退職、異動、教育・育成、配置、人事考課などの多岐にわたる業務があげられます。他にも、労務・就業・給与計算との連動も含めるため多忙を極めます。「人事・給与システム」は、これらの膨大な情報を一元的に管理しやすい設計となっているので、効率的な管理業務を行うことができます。採用や異動の時期に業務が集中しても負担を軽減できます。

人事管理と給与計算のシステムイメージ
人事管理と給与計算のシステムイメージ

グループ会社を抱える企業体の複雑な給与計算や異動管理に効果的

大規模企業では傘下にあるグループ会社も多く、給与計算や異動管理も複雑になります。「人事・給与システム」は、最大99社までのグループ会社を一括管理でき、同一のデータベースで処理するので異動管理もしやすくなっています。また、給与計算も自由に計算式を設定できるように使いやすさを追求しました。

多くのグループ会社を傘下にもつ企業体イメージ
多くのグループ会社を傘下にもつ企業体イメージ

人材育成計画を立てやすく、会社の中長期的ビジョンとも連動可能

「人事・給与システム」では、社員のスキル、業務実績や成果、研修情報などを管理できます。これらは、人材育成に関する貴重なデータとして、会社が描く事業ビジョンと連動させることができます。また、新卒や中途で採用をした人材の育成計画立案にも役立ちます。このような使い方は離職抑止にもつながり、社員を大切にするという観点から導入が進んでいます。

社員プロファイル画面

適材適所の人材配置を行うために欠かせないシステム

適切な人材配置は、企業にとって大きな課題です。業務経歴・スキル・取得資格などの情報を参考に人的配置を検討する会社がほとんどですが、情報の軸が多いほど管理は複雑になります。「人事・給与システム」は、社員情報に評価やスキルなどの情報が紐付き、データベース化されます。そのため、条件を設定して人材を抽出することがスムーズに行えます。

左:人事検索画面 右:組織図・組織表画面
機能を詳しくみる
お問い合わせ・資料請求はこちら
トップへ 企業トップへ