トップページ > ソリューション > 業務ソリューション > 中堅企業向け基幹業務ソリューション AGENT³ > AGENT³ 販売管理システム > 機械部品製造業 導入事例のご紹介

販売管理システム AGENT³  豊富な機能と高い柔軟性で、さまざまな業種に対応。企業の成長を支え、更なる顧客の維持・拡大、ローコストオペレーションによる経営の効率化を協力にサポートします。

機械部品製造業 導入事例のご紹介

機械部品製造業/自動車部品製造業
年商 37億円、従業員数 110名、クライアント台数 60台

お客様の課題

  • 販売・製造システムの未連携の為複数の重複した作業が発生。
  • 輸入管理にEXCELを利用しており、重複した作業が発生。
  • 納期管理・在庫管理が煩雑で、納期・在庫数等のデータ確認に多くの時間が必要。
  • EDIデータの取込みを行う事で業務効率を上げたい。

課題解決のためのシステム対応

1. 販売管理と生産管理の連携

<現状の製作依頼>

営業部門と生産部門で同一内容のデータを二重入力していたFAXやリスト等の処理が混在している。

現状の製作依頼

<新システムの処理>

販売管理と生産管理の統合により処理の統合と二重入力の廃止を行い効率化し、それに伴いペーパーレス化も行う。

新システムの処理

2. 輸入業務のシステム化と連携

<データ連携>

PACKING LISTのデータを生産管理システムへ受け渡し、ロット単位の検査作業のための生産計画に連携。INVOICEを元に入荷入力されたデータを販売管理に連携。

輸入業務のシステム化と連携

3. 業務のポータル画面活用による業務効率のアップ

総合問合せによるリアルタイムなステータス/受注残情報/発注残情報/在庫情報の状況確認

<現在の運用>

在庫の引当や発注残、受注残の情報を一覧表として印刷して内容を確認し、 手配の要否を判断している為、作業効率が上がらない。また、処理漏れも発生している。 手配の進捗状況や納期情報を電話やFAXにて確認している為、担当者が不在等の場合は確認に時間が掛かっていた。

<新システムの運用>

システムにログインすると、ポータル画面が表示される為、各種情報を確認し、 手配の要否を判断する事が可能業務用のポータル画面から各種手配のステータスが確認出来る為、納期回答や進捗の確認が容易に出来る。

新システムの運用

<新システムの処理の流れ>

新システムの処理の流れ

4. EDI取込処理

<現状のEDI状況>

  • 東京支店 60~90件/2社/日
  • EDIデータインプットに約3時間掛る状況(他、宇都宮支店…4社、広島支店…5社)
現状のEDI状況

<改善案>

EDIデータをダウンロードし、AGENT販売の受注データとしてアップロード
※処理時間は約数分で完了

改善案
お問い合わせ フォーム、電話、FAXをご用意しております

別ウィンドウの付いたリンクは別ウィンドウで開きます。

このページのトップへ
Copyright © TOSHIBA SOLUTIONS SALES CORPORATION. All Rights Reserved.