トップページ > ソリューション > 業務ソリューション > 中堅企業向け基幹業務ソリューション AGENT³ > AGENT³ 販売管理システム > AGENT³ 化粧品卸売業

販売管理システム AGENT³  豊富な機能と高い柔軟性で、さまざまな業種に対応。企業の成長を支え、更なる顧客の維持・拡大、ローコストオペレーションによる経営の効率化を協力にサポートします。

化粧品卸売業向け 導入事例のご紹介

化粧品卸売業
年商 100億円、従業員数 250名、クライアント台数 250台

お客様の課題

ピッキングから出荷処理までの一連の作業効率が悪く、出荷が多い時期は人手が足りず、ミスも多く出荷作業の効率化を図りたい。

商品には時期によって需要変動があり、欠品や過剰在庫を防ぐためのきめ細かな補充計画を可能にしたい。

営業マンの利益に対する意識が低く、利益率の低い物件やマイナス物件も受注後に分る状態で、会社基準の利益率に満たない物件に対し、チェックが行えるようにしたい。

取引先からの返品には、他社から購入した商品の返品もあり、当社が過去に売った商品かの識別が付かないため、無条件に受取っていたが、当社からの販売商品の分るようにしたい。

値引には、ブランド単位の値引、メーカー単位の値引、商品単位の値引、得意先単位の値引、請求時に値引調整を行う値引があり、管理ができず値引に誤りが発生していた。

導入後の効果と改善点

導入後の効果と改善点

課題1

出荷時の作業効率を高めるためにロケーション管理を可能にしており、ピッキングを効率的に行うためピッキング順路の情報をもとにピッキングリストを作表し、順路に従ってピッキングを行うことで時間短縮が可能になった。また、出荷ミスを防ぐためピッキング時にハンディターミナルの使用を可能にし、出荷検品処理でピッキングされた商品のバーコードをバーコードリーダーで1商品づつ読ませ受注を受けた商品に誤りがないか、受注数量に誤りがないかの照合を可能にしたことで、ミスが防げるようになった。

課題1

課題2

欠品や過剰在庫を防ぐため、指定した期間の過去の販売実績をもとに需要予測が取れるようになり、需要予測をもとに発注が可能となり、在庫管理の精度が高くなった。

課題3

利益率が会社規定より低い受注物件は、上長の承認が必要となり、承認が得られない場合は出荷も売上もできないため、営業マンの利益に対する意識が変ってきた。

課題3

課題4

取引先からの返品商品をもとに過去の売上データと照合し、自社販売商品かの確認が行えるようになり、取引先への交渉に役立てることが可能となった。

課題5

商品ごとに値引の整理が付き、ブランド単位の値引やメーカー単位の値引、商品単位の値引が簡単に設定でき、値引ミスの削減できるようになった。

請求先と回収先が異なった場合も対応

請求先と回収先が同一の場合や、請求先と回収先が異なった場合への対応も行えます。
また、複数の請求先に対する親会社からの一括入金処理に対応し、請求先への入金額の振替が行えます。

請求先と回収先が異なった場合も対応
お問い合わせ フォーム、電話、FAXをご用意しております

別ウィンドウの付いたリンクは別ウィンドウで開きます。

このページのトップへ
Copyright © TOSHIBA SOLUTIONS SALES CORPORATION. All Rights Reserved.