トップページ > ソリューション > 業務ソリューション > 中堅企業向け基幹業務ソリューション AGENT³ > AGENT³ 販売管理システム > 請求、回収管理

販売管理システム AGENT³  豊富な機能と高い柔軟性で、さまざまな業種に対応。企業の成長を支え、更なる顧客の維持・拡大、ローコストオペレーションによる経営の効率化を協力にサポートします。

入金消込処理

入金消込処理

仮想口座

仮想的な振込専用口座を設けることで、100%振込人を特定できる。

処理

仮想的な複数の口座を取得し請求先ごとに仮想口座番号を割り当てる。

仮想口座番号を振込先として、請求書を発行する。

請求先から入金があると銀行は、仮想口座を本来の口座に読み替えて入金処理を行う。

利用メリット

入金照合事務の合理化

販売代金等の消込事務の簡略化

調査・確認等に要する事務負担の削減

仮想口座

得意先マスタ保守

請求先ごとに回収条件の設定とFB(ファームバンキング)の入金振込データの取込みを可能にするため、口座情報の設定が行えます。

得意先マスタ保守

振込データ取込

FBで受信し、CSVファイルへ出力された請求先からの入金の振込情報を参照して、入金データとして取込が行えます。その際、請求先に仮想口座番号が登録されている場合は、仮想口座番号を基に請求先を特定して入金データを作成します。

入金消込入力

入金消込は、請求単位、伝票合計単位、伝票明細単位の3種の消し込みが行えます。回収できなかった未収入金は、残高として管理し次の回収予定日を管理し、消込対象として行います。

お問い合わせ フォーム、電話、FAXをご用意しております

別ウィンドウの付いたリンクは別ウィンドウで開きます。

このページのトップへ
Copyright © TOSHIBA SOLUTIONS SALES CORPORATION. All Rights Reserved.