Toshiba
トップページ > 事例紹介 > 東京高圧山崎株式会社様「財務会計システム」導入事例

東京高圧山崎株式会社様「財務会計システム」導入事例。東京高圧山崎株式会社様
「財務会計システム」導入事例

酸素が大気中に溜まりだしたのは約20 億年前だと言われています。 21%の酸素と、78%の窒素、僅かなアルゴン、炭酸ガスを含む大気が地球の歴史に果たしてきた役割りは、はかり知れないものがあります。

人類にとってかけがえのないこれらのガスをメインに、各種ガスと関連機材を産業用として、また医療や食品用として、 常に万全な保安確保と安定供給に努める東京高圧山崎株式会社様。

株式公開に向けた企業の決算業務をICTで短縮化  東京高圧山崎株式会社様

( 東京高圧山崎株式会社 様    本社: 東京都渋谷区渋谷1-9-8    ホームページ: http://www.tokyo-koatsu.com/



1972 年の創業以来、需要構造の変革と顧客ニーズにシステム的に取り組み、 各種ガスをはじめとする幅広い商品の需要開拓を進める同社の課題は、株式公開に向けた決算処理日数の短縮化でした。

導入の背景、目的、ポイント、効果、今後の展開 導入の背景 導入の目的 導入のポイント 導入の効果 今後の展開 パンフレット ダウンロード

決算処理に関わる業務効率を新システムで改善(導入の背景)

当社では、鉄鋼・造船・自動車・建設・化学・食品・医療・農業などの様々な分野で使用される産業用ガスを中心に、 溶接材料・溶接機器・各種自動溶接システム、炭酸ガスを採用した中和装置や独自の微細気泡によって水質を浄化する泡沫分離装置など、 あらゆる業界のニーズに対応する高効率・高品質かつ環境を重視した商品を提案しています。

東京高圧山崎 森様


特に、工業用ガスと医療用ガスは、首都圏7ヶ所に製造と充填の拠点を配置することで、 迅速かつ確実にユースポイントへお届けする配送体制を確立し、常に変化する市場環境の中で業績を拡大してまいりました。

一方、株式公開の準備を進める中で、バックオフィスの中核であった従来の会計システムは、老朽化によるレスポンス低下が著しく、 決算処理に関わる業務効率を改善するシステムのリニューアルを検討することとしました。(森様)

選択したのは経営状況をリアルタイムで把握できるシステム (導入の目的)

既存のプラットフォーム環境も並行して見直しを進める中で、社内システム間でのデータ連動性の向上や、 頻繁に変更される会計制度への柔軟な対応、サーバー運用管理など、様々な課題が顕在化していることも確認されました。

抽出された課題と運用方法の改善で決算の早期化を実現し、経営状況をリアルタイムに把握できることを目的として、 数社のベンダーにシステム再構築の提案を依頼した結果、東芝ソリューション販売より提案された会計システムの「SuperStream-NX」を採用することとしました。  (江口様)

東京高圧山崎 江口様

採用ポイントは上場企業の利用実績と保守体制(導入ポイント)

財務会計から管理会計まで業務適合率が高いこと、国際財務報告基準(IFRS)などの法改正にも素早く対応できること、 オンプレミスやクラウドなど利用形態が選択でき、短期間で導入が実現することなどにメリットを感じましたが、 多数の上場企業で利用されている実績と、東芝ソリューション販売の専用サポートセンターによる安心の保守体制も採用ポイントとなりました。

リニューアルの対象範囲は、財務会計、支払管理、経費入力、手形管理、固定資産管理といたしましたが、 先ず、新システムの機能と当社要望のフィット&ギャップ分析を行い、取引先別、債務科目別や取引先の単位で支払条件を適用することとし、 それぞれの運用ルールを整理しました。(中村 様)

東京高圧山崎 中村様 飯田様

決算処理日数が大幅に短縮化(導入の効果)

従来のシステムでは本社一括でバッチ処理であった伝票業務は、新システムで各拠点がリアルタイムに入力できることから、 従来は営業日数で20日を要していた決算処理が、現時点で7営業日まで短縮されました。

また、同時にリニューアルを進めていた販売管理システムなど、他の基幹業務に分散しているデータを会計システムに連携できたこと、 そして支払処理が自動化されたことで、経理担当の業務効率は大幅に向上しました。

さらに、上流で稼働するシステムに登録している取引先の呼称など、当社が独自で設定している管理項目が会計システムで活用できるため、 全ての帳票や伝票へ独自の項目が表示でき、入金消込時の確認も効率化できています。 (飯田様)

株式公開に向けて決算処理日数を半減


新たなシステムで、承認ワークフローによる内部統制の強化も実現し、株式公開を見据えた体制づくりのみならず、 今後の事業拡大や法改正に向けて安心して利用できる環境が整いました。 東芝ソリューション販売の「当社を理解し、システムを共に創る」スタンスを評価しています。(江口 様)

株式公開に向けた企業活動を活性化(今後の展開)

時代の変化に柔軟に対応する会計システムの運用で、株式公開に向けての企業活動も活性化しています。 今後も、固定資産や債権管理の更なる改善を進め、経営の見える化を加速することで、 常により良い製品・サービスの製造・開発に取り組んでまいります。(森 様)

会計システムの運用で、株式公開に向けての企業活動も活性化。東京高圧山崎様




業界におけるICT 活用のリーディングカンパニーとして、産業ガスビジネスを全国的に展開する東京高圧山崎様。 東芝ソリューション販売は、経営判断のスピードアップを実現する決算業務の早期化のサポートを通じて、 同社の進める地域と産業界の発展に寄与してまいります。

パンフレット ダウンロード

本ページでご紹介の記事がPDFファイルでダウンロードできます。 必要事項を入力して送信してください。 ご入力いただきましたメールアドレス宛にパンフレットのダウンロードURLをお送りします。

財務会計システムご紹介パンフレット

※この記事は2017年6月14日に取材した内容を元に構成しています。
   記事内における数値データ、組織名、役職などは取材時のものです。

別ウィンドウの付いたリンクは別ウィンドウで開きます。

このページのトップへ
東芝ソリューション販売株式会社
Copyright © TOSHIBA SOLUTIONS SALES CORPORATION. All Rights Reserved.