トップページ > 事例紹介 > 株式会社プロントコーポレーション様「アレルゲン情報管理システム」導入事例

株式会社プロントコーポレーション様「アレルゲン情報管理システム」導入事例。

PRONTO(プロント)とは、イタリア語で「⽤意ができている」という意味です。イタリアンバールをコンセプトに、朝は香り豊かなコーヒーとパンでモーニング、昼はパスタでランチ、夜はアルコールとおつまみを中心としたフードメニューでバーとして利用できるプロント。そこは、居心地のよい空間。くつろぎの時間を過ごすことのできる、家庭と職場を繋ぐ「ジャンクション」です。

「CAFFE & BAR PRONTO(カフェ&バープロント)」をはじめ、「IL BAR(イルバール)」など様々なブランド店舗の企画、運営、そしてフランチャイズ展開とコンサルティングを進める株式会社プロントコーポレーション様が実践しているのは、意識の高いおもてなしです。

プロントコーポレーション様のブランド展開。 PRONTO Di PUNTO espressamente illy CAFEE SOLARE E PRONTO IL BAR PRONTO

( 株式会社プロントコーポレーション 様    本社: 東京都港区港南1-8-27    ホームページ: www.pronto.co.jp/



ひとつの文化とも呼べる「くつろぎの場」の創造を自社の役割と捉える同社の新たな取り組みは、食の安全に伴う特定アレルゲン情報の提供でした。

導入の背景、目的、ポイント、効果、今後の展開、インタビュー動画 導入の背景 導入の目的 導入のポイント 導入の効果 今後の展開 インタビュ動画

食の安全の提供へ自主的な取り組みを開始(導入の背景)

現在の⾷品表⽰法では、飲⾷店にアレルゲン表⽰を含む表⽰の義務はありませんが、外⾷産業を展開するうえで⽋かせないサービスは、お客様への「⾷の安全」の提供です。消費者庁では、外⾷等におけるアレルゲン情報の提供促進の在り⽅の検討を進めていますが、当社の⽅針でもある「凡事徹底」の⼀環として、実⾏可能な情報提供を⾃主的な取り組みとして進めることといたしました。

そこで課題となったのは、多くのメニューに対しての情報表⽰と更新の⽅法です。当社は現在7ブランド約300店舗を展開、それぞれに季節や時間帯毎のメニューがあります。メニューと合わせて提供している産地情報、カロリー情報の確認と表⽰には、各部⾨の協⼒が必要となり時間を要すものでした。

スタッフ間でメニュー開発情報を「見える化」(導入の目的)

サービスの充実を図るには、タイムリーなデータ更新を⾏うことで、お客様へリアルタイムで情報を提供することが必要です。

アレルゲンをはじめ、各メニューに付随する情報管理⼿順のスピードアップを図るために、提供する情報は⼀括更新を⾏い、本部スタッフ間でメニュー開発情報の「⾒える化」ができることもシステム導⼊の⽬的としました。

Salesforce Sales Cloud を利用したメニュー管理(導入ポイント)

システムの構築には、複数のITベンダーに提案を依頼しましたが、東芝ソリューション販売株式会社に提案いただいた「Salesforce Sales Cloud」のクラウドサービスを利用したメニュー管理を進めることといたしました。

東芝ソリューション販売は、セールスフォース・ドットコムから認定を受けたVAR(付加価値再販)パートナーであり、構築ノウハウに信頼性があるのも採用のポイントとなりました。
(ビジネスサポート部 SCMグループ長 張 鎬圭 様)

株式会社プロントコーポレーション ビジネスサポート部 SCMグループ長 張様

「Salesforce Sales Cloud」とは、クラウド型顧客管理システム、営業支援システムとして、全世界で10万社以上のあらゆる業種・規模の企業で、SFA (営業支援)、CRM (顧客管理)、カスタマーサポートに利用されているソリューションです。サーバーの購入や保守メンテナンス、ソフトウェアのバージョンアップなどが必要なく、システムは短期間(2ヶ月)で導入できました。

また、クラウド上のアプリケーションプラットフォーム「Force.com」 を利用することで、新たな業務アプリケーションをクラウド上に構築でき、「AppExchange」 に登録されている1,700以上のアプリケーションを利用することが可能です。

本部スタッフはリアルタイムで情報を共有(導入の効果)

⾷物アレルギー疾患を有する⽅への情報を正確に提⽰できるようにするために、様々なカテゴリで幅広いメニューの管理は、従来業務で使い慣れているExcelを利⽤しています。

株式会社プロントコーポレーション プロント事業本部 事業企画部 商品開発グループ 轟様


クラウド上に構築したExcel専⽤の編集ツールでは、産地情報を含めたメニューの公開承認フローも運⽤することとしました。メニューに付随する情報も⼀括したオペレーションで管理することが可能となり、システムを通じて本部スタッフ間はリアルタイムで情報を共有することができました。
(プロント事業本部 事業企画部 商品開発グループ 轟 奈々代 様)

食の安全を各ブランド店舗へスムーズに展開(今後の展開)

システムは、先ず「CAFFE & BAR PRONTO」、「CAFFE SOLARE」、「E PRONTO」の3ブランドで運⽤を開始しています。これまではメニューの開発⼯程が煩雑だったことで定型的だった業務が、Salesforce導⼊後は運⽤⾯の課題をタイムリーに抽出することが可能となり、改善を図ることで他のブランド店舗へもスムーズに展開する⽬途がつきました。

特定アレルゲン別検索サイトの画面イメージ

当社の各メニューは、農地・製法にこだわり安全な素材を使用しています。安全性の確認がとれている商品を使用していますので安心してお召し上がりいただけますが、今後はタイムリーに更新するメニューを通して、リピートのお客様には継続してご利用いただけるように、新規のお客様には安心して足を運んでいただけるように、特定アレルゲン情報をはじめとする食の安全を提供してまいります。
(ビジネスサポート部SCM グループ長 張 鎬圭 様)

別ウインドウで 特定アレルゲン別検索サイトが開きます。
パソコン、スマートフォン・タブレットでご確認いただけます。


ひとつの文化とも呼べる” くつろぎの場” の創造。それがプロントコーポレーション様の役割です。東芝ソリューション販売は、お客様の視点に立ち、お客様がどのような効果を望まれているのかを考え、 その思いをカタチにしてご覧頂きます。

少しでもお客様のイメージと違うのであれば、そのカタチを素早く手直しをして、あらためてご覧頂きます。Salesforce の「Force.com」 は、そのようなことが可能なアプリケーションプラットフォームです。

東芝ソリューション販売はSalesforce の認定パートナーとして、お客様の望まれるシステムを実現します。こんなことが実現できないか?あの課題を解決できないか?ぜひ、お客様の思いをご相談ください。最適なソリューションを、お客様のビジネス環境に合わせてご提案致します。


インタビュー動画

パンフレット

本ページでご紹介の記事がPDFファイルでダウンロードできます。 必要事項を入力して送信してください。 ご入力いただきましたメールアドレス宛にパンフレットのダウンロードURLをお送りします。

アレルゲン情報管理システムご紹介パンフレット

(※この記事は2016年1月25日に取材した内容を元に構成しています。)

お問い合わせ フォーム、電話、FAXをご用意しております

別ウィンドウの付いたリンクは別ウィンドウで開きます。

このページのトップへ
Copyright © TOSHIBA SOLUTIONS SALES CORPORATION. All Rights Reserved.